アロマテラピールーム metsäについて

HOME > About

「アロマテラピールーム metsä」は、セラピストひとりの小さな自宅サロンです。
サロンというよりは、「小部屋」がイメージに近いので「アロマテラピールーム」としました。
「metsä」はフィンランド語で「森」。
場所は小さくとも、自然で、ゆったりと大きく、信頼される場所になれるようにと思っています。

metsäでは、「やすむ、めざめる」のリズムを大切にしています。
サロンで過ごすお時間をゆったりと楽しんでいただきながら、
ご自宅にお帰りになっても、このリズムが少しずつからだに整っていく。
そんなトリートメントを目指しています。

アロマテラピーをもっと身近に感じていただきたいとの思いから、
はじめて体験される方は、ゆっくりとお話をするところからはじめます。
トリートメントのあとも、ご自身でリズムを作っていくことが大切です。
ご自宅でできることと、サロンでできること、両方を含めた継続しやすいご提案をしていきます。

また、metsäではアロマテラピーを学ぶ方を応援します。
検定を受けたいけれど勉強の仕方がわからない、家族のためにセルフケア方法が知りたい、
スクールに通っているけれど、今さらこんなことは聞きにくい……などなど、
アロマテラピーの学びで、何かお困りのことがありましたら、どうぞお気軽にお声をかけてください。

お問い合わせ先

メールアドレス mail☆aroma-metsa.jp
(☆は半角@です。右上の画像からリンクしています。お問い合わせページのフォームもご利用ください)
電話番号 050-3736-1936 (私は「みんなのサロン、行くサロン」と覚えています)

営業時間

10:00〜18:00
日曜・祝日休 ほか不定休(取材や講師活動のため、臨時休業の場合がございます。ご了承ください)

Access

東京都中野区本町/東京メトロ丸ノ内線・新中野駅より徒歩4分/JR中央線・中野駅より徒歩15分
青梅街道沿いのわかりやすい場所です
詳しい場所はご予約時にお伝えいたします
1台分の駐車場がございます(無料)。お車でお越しの場合はご予約時にお知らせください


アロマセラピスト/ライター 森聖子  MORI Seiko


1972年5月20日名古屋市生まれ。
AEAJ(日本アロマ環境協会)認定 アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクター
マザーズオフィス認定 マタニティタッチプラクティショナー

大学卒業後、出版社で雑誌、書籍の編集に携わったのち、2006年ライターとして独立。ライターとしての専門分野をもちたいと考えたのが、アロマテラピーを学ぶきっかけでした。健康に関することや植物が好きだったこと、精油の心理面への作用に興味があったことが入り口で、学科だけと思っていたのが、いつの間にか触れることのおもしろさに惹かれ、この道へ進みました。

会社に通って仕事をしていた頃は、毎日夜中遅くまでの残業。フリーランスになってからもいつも締め切りに追われ、睡眠や食事のリズムもめちゃくちゃ。パソコンに向かうときは何時間でも同じ姿勢をとり続けて、いつも疲れていました。

アロマテラピーの世界に入り、たくさんのセラピスト仲間、講師の先生方と出会って、自分のからだの声をきくことの大切さを学びました。「朝日をあびて活動し、夜は眠る」というリズムのある生活の素晴らしさを、日々の暮らしから実感しています。現在はセラピストとしてのサロンワークのほか、スクールでの講師活動、公共の場でのワークショップなどを行っています。

編集者・ライターとして人を取材するとき、「言葉を使って、その人にしかない何かを引き出す」ということがもっとも大切な仕事。これは、アロマテラピーのセッションにも似ています。metsäのセッションでは、対話を大切にしています。コンサルテーションはもちろんですが、「タッチを通して、忘れていた“いい感じ”が蘇ってきた」という感覚を受け取っていただけたら最高です。

アロマテラピーを離れた趣味はノルディックスキー観戦。ノルディック複合(コンバインド)というジャンプとクロスカントリーの両方を行うスキー競技を応援しています。長野、ソルトレイクシティ、トリノと3度のオリンピックを現地で観戦。ほかにも観戦のためにドイツやオーストリア、スロヴェニアなどへ旅しました。自分でやるほうのスキーは万年初心者ですが、雪山が大好きなので、冬になるとソワソワと出かけたがります。日本国内では長野県白馬村によく現れます。

IMG_4434.jpg

HOME > About